「エキスパート・シークレット」読破!内容や感想、学んだことまとめ【ダイレクト出版】

この本をオススメできる人

  • 自分が経験してきたことをビジネスにしたい
  • 自分の強みや得意をビジネスにしているが、伸び悩んでいる
  • 人々の心を動かすプレゼンがしたい
  • より高額な商品サービスを売る方法を知りたい

 

 

「エキスパート・シークレット」を今すぐチェックする
※公式で購入した場合、気に入らなければ90日以内に連絡すると全額返金してもらえます(返品不要)
 

Amazonでの購入はこちらから

 
 


 

 

1.「エキスパート・シークレット」内容、感想

「エキスパート・シークレット」は、自分が経験してきたことをビジネスにし、そのビジネスを大きく伸ばすためのとても具体的なステップが書かれている本です。

全331ページ。

まず、本の帯を見て、「へぇ~、あのロバート・キヨサキさんが推薦してる本なんだ」と好印象でした。

そう、きっとこの記事を読んでくださっているのであれば、聞くだけではなく、もしかしたら読了している人も多いであろう世界的ベストセラー「金持ち父さん貧乏父さん」の著者、ロバート・キヨサキさんです。

で、読み始めてびっくり。

「えっ!!前書き、ロバート・キヨサキさんご本人が書いてるやん!!!( ゚Д゚)」

本書の著者は知らない人だったんですが、ロバート・キヨサキさんという権威性のある人がおすすめしているというところで、好奇心をそそりましたね。

ちなみに、キヨサキさんの前書きから一部抜粋すると、こんな感じです。

だから、本書を読み終わるころには、あなたはいつの間にか第3のクワドラントにいるだろう。そう、ビジネスオーナーになるのだ

P3

私はよく「お金を儲けるには何が必要ですか」という質問を受ける。私は、夢と、いくつもの決断と、短期間で学ぼうとする意欲と、神から与えられた才能を適切に使う能力だと答える。
すると、人々は「どういうふうにすればいいですか。どんな道を進めばいいでしょう」と尋ねる。
本書「Expert Secrets」がその道だ。才能と富と繁栄に変える方法を段階的に示した地図を、あなたは手にしている。
学ぼう。
行動に移そう。
そして、その過程を楽しもう。

P4

こんなことを書いちゃうぐらいおすすめできる本って、なかなかすごい本じゃないですか?

で、実際読んでみたところ…納得。

全体的な内容としては、

  • 自分の経験や特技、学んできたことについて直接教えたり、教材にして売るという方法
  • 売る方法として具体的にお勧められているのはストーリー・テリングやストーリー・セリングを使ったセミナーやウェビナー
  • 実際にどんな流れでセミナーやウェビナー(ネット上でセミナーをやること)を組み立てればいいのか
  • お客さんに「それいいね!欲しい!」と思ってもらえるような話の仕方やまとめ方、スライドの作り方
  • お客さんが喜び、欲しいと思ってもらえるような価値のある「特典、プレゼント、おまけ」の具体的な内容

という感じです。

もちろん、セミナーをやる予定がなくても、本書で紹介されているお客さんに商品を知ってもらって売るまでの流れは、ブログやメルマガでも転用できます。
 

ちなみに、個人的にちょうどいいタイミングで学べたなと感じたのは、「自分のスキルにはお金をもらう価値がない」という思い込みを軽減する捉え方についてです。

自分の経験や学んできたことを売るといっても、いろんな壁があるじゃないですか。

実際に私がよく陥るのは、

「私にはそんなスキルはないし、私よりスゴイ人っていっぱいいるし…」
「こんな私のちっぽけな知識を伝えるのにお金をいただくなんて、申し訳なさ過ぎる」

といった、売るのに二の足を踏んでしまう心の壁です。

これをどういった考え方をすれば突破できるかといった部分が役立ちました。(後述します)
 

また、商品サービスを売るときにどんなストーリーを伝えればいいのかといったポイントや、どんなスライドを作ればいいのか、何をどうやって話せばいいのかもかなり具体的に書いてくれています。

さすがにここに書かれている文章を丸暗記してそのまま話すと違和感があるかもしれませんが、大まかな流れをつかんでおくだけでもかなりスムーズなプレゼンができるんじゃないでしょうか。

本書に書かれているストーリーの作り方やセールストーク、クロージングなどをそのまま文章にして落とし込んでも役立ちそうです。

今後、ホワイトボードアニメーションのようなスタイルでの活動も視野に入れていることもあって、本書を売らずに手元に残し、スライドの作り方の部分を参考にさせてもらおうと思っています。

 

インターネットが当たり前になり、多様な価値観を持って多様な働きかたができるこれからの時代、「自分の経験や強みでビジネスを行う」という流れはどんどん広がってくるでしょう。

自分の経験や強みをビジネスにしていきたい人は、読んで損はないと思います。

また、内容がとても具体的なので、セミナーやウェビナーを視野に入れている人や、セミナーやウェビナーでの売り上げをさらに上げたい人心を動かすストーリーを作りたい人も、読めばきっと役立つ一冊です。

 

2.「エキスパート・シークレット」で学んだこと、生かしたいこと


それでは、ここから本書を読んで、特に私が学んだことや生かしたい部分を3つアウトプットしていきます。

購入の参考になれば幸いです^^

まず、自分をエキスパートだと認めることが大切

●「学歴がない」「資格はない」は関係ない
→実績こそが証明書であり、認定証

●自分が長年学び、身につけてきたものは、他の人にとって「知らないこと」「できないこと」
→自分にとって「当たり前」にできていることや理解できていることは、実は他者にとって役立つものが多い
→自分が試行錯誤して長い時間とお金を投資して身につけてきた今のスキルや知識は、お金を払ってもらうだけの価値がある
→学び、身につけてきたことを人と分かち合ったり、奉仕することで豊かさは生まれる

●サポートする人よりも、少しだけ先のことを知っていればいい
→そのテーマについて世界で最も博識な人間である必要はない
→お客さんよりも一歩だけ先に進んでいれば、それを教えることができる
→お客さんと共に自分も成長すればいい
 

自分が「そういうことか!」とアハ体験した瞬間までのストーリーを語る

●人は、論理ではなく、感情でモノを買う
→感情でモノを買った後、論理で買った理由を正当化する
→買った方がいい理由など、論理的にお客さんに説明しても、響かない

●自分のアハ体験を伝えることで、お客さんがアハ体験できるよう誘導する
→自分の商品サービスに関するアハ体験をストーリーで語る
→どうして自分がこの商品の開発や販売をしたいと思ったのか、そのきっかけなど(気分、起こったこと)を語る
→お客さんにも自分と同じアハ体験をしてもらう(お客さん自身で気づいてもらえるように誘導)

●ストーリーは小学校3年生の子どもでも理解できるような形で話すぐらいがちょうどいい
→難しい単語や言い回しは避ける
→わかりにくいコンセプトを伝えるときは、「これは~みたいなもの」と日常的で理解しやすいものに置き換えるといい
→自分がどう感じているかの描写は具体的に話すことが大切

 

より良い商品サービスのカギは「ワン・シング」を見つけること

●「ワン・シング」とは?
→「それ」をやり遂げたら、他のものはすべて片付くか、どうでもよくなるような最大の成果をもたらす一番重要なこと

●「ワン・シング」を特定し、お客さんにも信じてもらうことができれば、その製品は買ってもらえる
→お客さんの悩みを解決する、具体的な核の部分とは何かを見極める
→「ワン・シング」は、常識と非常識の間にあるもの
→「ワン・シング」はニッチでブルーオーシャンになるもの
→「ワン・シング」があれば、小さな反論や抵抗をすべて解消してくれる
→「ワン・シング」を信じてもらうことができれば、その問題を解決するためには買わざるを得なくなる

 

3.「エキスパート・シークレット」目次、著者

目次

Foreword ニューリッチへの近道
才能を富と繁栄に変える方法を段階的に示した地図

Intridyction エキスパートの道
僕が本書で本当に伝えたいこと

Section1 紹介に必要な数字
Secret1 カリスマ性のあるリーダー
真の支持者/カルチャーを意識的に作り出す

Secret2 理念
どんな未来を創造しようとしているのかを示す

Secret3 あたらしい機会
あたらしい機会を理解し、それを取り入れているかが世界を変えるカギである

Secret4 機会の切り替え
あたらしい機会、新しいニッチをゼロから作り出す

Section2 信頼を生み出す
Secret5 ビッグ・ドミノ
「ワン・シング」を見出してすべての反論を打ち負かす

Secret6 ひらめきへの架け橋
ワン・シングのなかに本物の信念をつくり出す

Secret7 ヒーローの2つの旅
ストーリーテリングとストーリーテリングセリングの名人になる

Secret8 スクリプトを生む
感情を呼び起こす「ひらめきへの架け橋」づくり

Secret9 間違った信念パターン
ストーリーを使って人々の信念を変える

Secret10 3つの秘策
購買行動の邪魔をする3つの信念を打破する

Section3 セールス
Secret11 スライドの提示
顧客が買わずにいられない魅力的なオファーのセットを提示する

Secret12 パーフェクト・ウェビナー
オファーを提示して、スクリプトを使って販売する

Secret13 ワン・シング
プレゼンテーションのスクリプトの最初のパートをつくる

Secret14 プレゼンのコンテンツ
間違った信念パターンを打ち砕き、再構築する

Secret15 価値の積み重ね
確実に大きな成果を上げる秘密の武器

Secret16 イエスを引き出すクロージング
プレゼンテーションの最後に使う有効なクロージング

Section4 ファネル
Secret17 クリックファネルセールスファネルをつくって見込み客を呼び込む

Secret18 4つの質問のクロージング
高価なオファーを販売するためのワンステップ

Secret19 パーフェクト・ウェビナー・ハック
プレゼンテーションを作成するためのガイドライン

Secret20 メールによるファネル
パーフェクト・ウェビナーのプロセスをメールに適用する

Secret21 製品販売用のファネル
メッセージとストーリーを使って高い効果を上げる

Section5 次のレベルへ
Secret22 理想の顧客はどこにいる
オンライン上にいるトラフィックを自分のサイトに呼びこむ

CONCLUSION 成長したあなたへ
次のステップは、どれだけ多くの人に影響を与えられるか

 

著者

●ラッセル・ブランソン
2005年、「ポテトガンの作り方」DVDを販売をきっかけにインターネットマーケティングの世界に入る。

大学卒業して1年以内で数百万ドルを稼ぐ。その後、サプリメント、コーチング、書籍、Tシャツ、テクノロジーサービス、ソフトウェアに至るまであらゆるものを販売。

2014年10月ソフトファンネル社を設立。設立から3年で売上1億ドルを達成。5万5000人の顧客を抱える企業へと躍進した。
 

 

「エキスパート・シークレット」を今すぐチェックする
※公式で購入した場合、気に入らなければ90日以内に連絡すると全額返金してもらえます(返品不要)
 

Amazonでの購入はこちらから

 

 

LINE@ 始めました!

新着記事情報など通知しますので、「ビジネス書、自己啓発書」が好きなあなたはぜひ登録してみてくださいね^^

友だち追加

スポンサードリンク

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)