ストーリーブランド戦略の内容と書評、レビューまとめ【ダイレクト出版】

ストーリーブランド戦略の内容と書評、レビューまとめ【ダイレクト出版】

この本をオススメできる人

  • ストーリー化する重要性を知っているが、具体的にどうすればいいかわからない
  • 自分の売りたいものをどうやってストーリー化すればいいのか悩んでいる
  • お客さんにとって魅力的に感じる商品サービスの売り方を学び、実践したい
  • 商品サービスを売っているが、反応が取れない
  • 商品サービスについて伝えたいことがいっぱいで、うまくまとまらない

 

>>2019年4月現在、公式サイトの方がお買い得です!<<

「ストーリーブランド戦略」を購入する
※公式で購入した場合、気に入らなければ90日以内に連絡すると全額返金してもらえます(返品不要)

Amazonでの購入はこちらから

 

 

 

1.「ストーリーブランド戦略」個人的な総合評価

読みやすさ :★ 
役立ち度  :★ 
実行しやすさ:

 

2018年4月の月刊ビジネス選書新刊です。

全247ページ。

「商品サービスを売りたい!」と様々な手法を学ぶ中で、必ずどこかで「ストーリーにすると読まれやすくておすすめ」ということを見聞きすると思います。

そうなんです。書名の通り、この本は「ストーリー」を使うことで読んでもらいやすく、信頼を得て、購買意欲を高めていく方法が書かれています。

あの映画も、そのコンテンツも、人気のあるものは似たような流れというものがあります。

「起承転結みたいなやつでしょ?」と思われたあなた!

正解です。

もっと具体的に言うと、「ヒーローズジャーニー(物語の始まり→旅立ちへの葛藤や戸惑い→決断後の最初の試練→導き手との出会い→最終ボス→最大のの試練→試練攻略→帰還)」というものですが、その「みんなに好まれる物語の流れ」をどうやって売りたい商品サービスにつなげていいかわからないという方は私も含めて多いはず。

この「ストーリー・ブランド戦略」を読めば、魅力的なストーリーを自分の売りたいものとどうつなげればいいのかが具体的に学べると思います。

本書を読んでみて、実践しやすくて良いなと思ったのは魅力的なストーリーを作るためのひな形も紹介されているということ。

ひな形に沿って埋めていくと、どこをどうやってストーリーとして作っていけばいいのかがわかります。

つまり、「ストーリーが大切なのはわかってる。じゃあ具体的にまずどうすればいいの?」を解決してくれる本ということですね。

読みにくさも感じませんでしたし、ひな形や具体的な手法が書かれているといった点で役立ち度や実践しやすさも☆4つにさせていただきました。

また、お客さんに買ってもらうというだけでなく、職場において社員さんの意欲を高めるためにもストーリーは使えるということも書かれていたので、もしあなたが人を雇う側だったとしても役立つと思います。

 

2.「ストーリーブランド戦略」で学んだこと、生かしたいこと

ストーリーブランド戦略の内容と書評、レビューまとめ【ダイレクト出版】

混乱させない!何をどうするための商品サービスなのかを簡潔にわかりやすく明示する

●わかりやすく、簡潔に、情報が整理されている状態にする
→買い手を混乱させたら負け
→雑多な情報を盛り込まない
・どんな商品サービスか
・購入すると買い手の生活はどう改善するか
・望みが叶ったor叶わなかった場合はどうなるのか
・購入するにはどうすればいいか

 

魅力的な物語のための7つのフレームワークとは

  1. 主人公
  2. 問題の特定
  3. 導き手の登場
  4. 計画の提示
  5. 行動喚起
  6. 回避したい失敗
  7. 成功する結末

主人公

●主人公は消費者のみ
→商品サービスは主人公ではない
→消費者目線の物語にする

●消費者と望むものに空白(ズレ)を作る
→消費者の存続に関わる願望を選ぶ

存続=人間の根源的欲求、金銭的な節約、時間の節約、社会的つながりの構築、社会的地位の獲得など

●消費者が求めているものを明確にして、簡潔に伝える
→見込み客にはっきりわかる目的地を定義することで、物語の方向性が決まる
 

問題の特定

●3つの問題を解決できるようにする
→外的問題、内的問題、哲学的問題

外的問題=売り手が強調しがちだけど、これだけでは物足りない

内的問題=外的要因によっておこる不満(外的要因のその奥)
→消費者は内的問題の解決を望んでいる
→消費者のどんな不満を解決できるのかを考える

哲学的問題=「なぜ?」という問い
→「~べき、~べきでない」と言い表すとしっくりくる
→消費者に人生の深い意味を感じさせ、価値を高める
ex.ノーミュージック・ノーライフ など

●商品サービスによって打ち勝つべき悪役(問題の主な原因)について語れば語るほど、消費者は商品サービスに興味を抱く
 

導き手の登場

●導き手として商品サービスを認めてもらう
→共感
・主人公の痛みや不満に理解を示す
・ブランドと自分との共通点が多い

→導き手としての資格を得る
・口コミや統計、受賞歴などでどれだけ有能かを示す

☆信頼できると思ってくれないと、もっと深く知ろうとしてくれないので注意
 

計画の提示

●購入まで混乱のないわかりやすい道筋を立てる
→過程の計画
・購入するための手順、商品の使うための手順といったものを3~6ステップまでにまとめる
→消費者と売り手の間にある共通の価値観を明確にする
→取引の方法を明確にする
→「買っても大丈夫かな?」というリスクを取り除く
・返金保証など
 

行動喚起

●行動しなくてはならない理由が必要
→人は何かに促されない限り、人生の大きな決断をしない
・直接呼びかけ(購入ボタン、今すぐ予約ボタンなど)
・段階的な行動喚起で消費者との関係を深める(無料レポートや無料サンプルなど)
 

回避したい失敗

●商品サービスを購入しないとどうなるのかを警告することで、行動への強い動機付けにつながる
→人は利益を得るより損失を回避する選択をする(プロスペクトル理論)
→ただし、恐怖が強すぎても弱すぎても行動してもらえないので、適度な不安が大切
 

成功する結末

●購入した場合の「ビフォーアフター」を消費者に伝える
→人の「変わりたい欲求」に貢献する
→商品に満足している人たちの口コミを見込み客に見せる
・持っているもの
・感じていること
・どんな幸せな状況にいるのか

●消費者を商品サービスによってどこに連れて行くのかを明示する
→何らかの地位や力を獲得する(権利や機会獲得、限定品の所有、特別扱いなど)
→誰か、または何かと一体化することで主人公が完全になる(イライラや負荷の軽減、ゆとりのある時間を確保など)
→何らかの自己実現を通して完全になる

●笑顔で物語を閉じる
→商品サービスを利用することでどれだけ人生が豊かになるかを繰り返して維持する必要がある


どれだけ簡潔にわかりやすく、商品サービスを消費者視点で伝えればいいのかについて、改めてその重要性を学びました。

あと、「悪者」と「ビフォーアフター」をきっちり明確にするといったことも、私はまだまだレベルが低いなと感じましたね。

商品サービスの記事を書く仕事をしている私にとって、ストーリーブランド戦略について勉強できたのはとても良かったです。

もちろん、ストーリーブランド戦略のひな形も随時活用していきたいと思っています。

 
他にも、「従業員さんの意欲を高める方法」「事業を成長させるために実施する具体的な5つの取り組み」といったことも載っていました。

もっと詳しく知りたい、学びたいというあなたはぜひチェックしてみてくださいね!

 

>>2019年4月現在、公式サイトの方がお買い得です!<<

「ストーリーブランド戦略」を購入する
※公式で購入した場合、気に入らなければ90日以内に連絡すると全額返金してもらえます(返品不要)

Amazonでの購入はこちらから

 

3.「ストーリーブランド戦略」他の人の口コミ

ストーリーブランド戦略の内容と書評、レビューまとめ【ダイレクト出版】

●定期的に読み返したい一冊
一言でいってわかりやすく誰にでもおすすめしたい一冊です。

本書に出てくる具体例が誰でも知っている映画を題材にしているのでイメージがしやすいからだと思います。

わかりやすいのですが内容が薄いこともなく、本書に沿って進めていけば魅力あるストーリーができあがってしまうほど実践的で大満足です。

企業にとってのストーリーとは、個人の自己分析と似ているとこがあるので、何かうまくいかない時、変化しようとする時、新しいことにチャレンジするときなどに何度も見直すことだと思います。

その時に本書を持っていることはかなりのメリットになります。

今後も何度も読み返したいと思います。

●売れる商品の共通点
『ストーリーブランド戦略』はとてもシンプルな考え方で、売れている有名な映画の例を取り入れてます。

7つのステップで経てセールスレターが作れ、購入した場合のメリット、購入しなかった場合に起こるデメリットの考え方が身に付きました。

つまり、この本を購入しなかった場合のデメリットは、、、

『売れている映画を観てただ感動するだけ。』

※対して、購入した場合のするメリットは、、、

これから売れる映画の見方が変わり、それを意識して観ることで、ただの面白い映画ではなく『自分のためのビジネスオンライン講座』として代わることでしょう、、、

●これ教えちゃって良いの?
マーケティングについては、いろいろと学びましたが、『ストーリー』の力は強力だと言われても、「そんな簡単にストーリーなんか作れないよ」と思っていました。

そもそも文章が苦手なんだからストーリーを書くなんて『無理』と決めつけていました。

ところが、『ストーリーブランド戦略』を読み始めると、ストーリーの書き方が面白いように理解できて、夢中で最後まで読み進めてしまいました!

作者がベストセラー作家でもあるので、ストーリーの語り方が絶妙だったのかもしれません♪

とにかく、『ストーリー』が特別の商品やサービスだけが持つものではなくて、「ストーリーを作るための技術」があることが分かりました。

しかも、どんな商品・サービスでも、順番どおりに楽しみながら進めるだけ!

世界中の大小さまざまな会社で効果は抜群に出ているみたいなので、自分がこれからお手伝いする会社で試してみるのが楽しみで仕方ありません♪

月刊ビジネス選書の中でも“必読の書”で間違いありません。

 

4.「ストーリーブランド戦略」目次、著者

目次

Introduction
顧客の物語を伝える…04
7つのフレームワークで、伝え方、売り方を変える

第1部
マーケティング費用がかさむ理由

Chapter 1
伝えるための原則
見て、聞いて、理解してもらうために大切なこと

情報を簡潔に分かりやすく伝えることは容易ではない…016
「伝え方の仕組み」がわかると、小説は売れ、会社は急成長した…017
マーケティングやブランド戦略はなぜ失敗に終わるのか…019
商品やサービスを紹介するときに企業が犯す2つの重大な間違い…020
物語があなたの願いを叶える…023
「雑音」はビジネスの敵である…026

Chapter 2
物語の7つの要素
事業を成長させる秘密兵器

物語は「雑音」と戦う最大の武器になる…030
物語は雑音を選り分けて選別してくれる…031
アップルが消費者とつながるために打ち出した3つの柱…032
物語とは何かを一から考える – ジョブズがピクサーから学んだこと…034
物語に欠かせない7つの基本原則…035
物語が優れているかを確かめる3つの重要な質問…038
反応テストに合格する…039

フレームワークの概要
ストーリーブランどのフレームワークの7つの要素と基本原則

ストーリーブランド・フレームワークと7つの要素…044
ストーリーブランド・フレームワークの実施…045
ブランドスクリプトを使って情報を整理する…052

第2部
ストーリーブランドの構築

Chapter 4
主人公
消費者が求めているものを明確にして簡潔に伝える

物語に空白を作る – 主人公と主人公の望むものの間にずれを設ける…062
消費者の願望を一つに絞る…064
消費者の存続(サバイバル)に関わる願望を選ぶ…066
消費者が問題に抱く興味とは…069

Chapter 5
問題の特定
商品やサービスに対する関心をさらに高めるには?

全ての問題の根元 – 「悪役」を探求する…074
第2の構成要素 – 問題の3つのレベルに目を向ける…077
消費者を完全に満足させるブランド…085
悪役を定義する=消費者が抱える問題を解決する…086

Chapter 6
導き手の登場
企業は、自らを主人公ではなく導き手として位置付けなければならない

全ての主人公は導き手を求める…090
導き手が持つ2つの特徴…093
消費yさに良い第一印象を与える方法…098

Chapter 7
計画の提示
消費者の不安を取り除く踏み石を置く

混乱している消費者に、明確な計画を提示する…103
消費者に行動を促すための2種類の計画…104

Chapter 8
行動喚起
「今すぐ行動」ボタンの侮れない力

注意してくれるよう促す…111
行動喚起は、わかりやすくなんども繰り返す…113
行動喚起の2つの理由…115
繰り返し求める者は、最終的に与えられる…119

Chapter 9
回避したい失敗
失うものが何かをはっきりさせる

失うものが何かをはっきりさせる…126
災難の起こる場所…127
商品を買わないとどうなるかを警告する…132

Chapter 10
成功する結末
「人はどこかに連れて行って欲しいと望む」

結論はわかりやすく具体的にする…137
もっともよくある物語の結末…140
解決することで、物語の輪を閉じる…146

Chapter 11
自分を変える商品
「違う誰かになりたい」という欲求こそ、消費者が購入に至る最大の動機である

主人公は変化することを運命付けられている…150
書い手が求める理想の姿を定義して、商品を関連づける…151
消費者は人からどう見られたいと思っているのかを理解する…153
導き手は商品や計画を上回るものをもたらす…154
消費者の自己認識を変化させる…156

第3部
ストーリーブランド
ブランドスクリプトの実践

Chapter 12
ウェブサイトの改良
商品が必要である理由を消費者に理解してもらう

ウェブサイトから始めてみる…163
ウェブサイトに求められる5つのポイント…164
ブランドスクリプトとの一貫性が不可欠だ…174

Chapter 13
従業員の意欲を高める
ストーリーブランドを活用して企業文化を変える

メッセージは曖昧な組織では「語りの断絶」が発生する…177
会社の中心には全てを統一する物語が必要だ…180
使命を物語に変える…184
「使命遂行」プログラムをスタートさせる..186

第4部
導入ガイド

Check List
ストーリーブランド
マーケティングロードマップ
事業を成長させる5つの(そして、ほぼ無料)の取り組み
ロードマップ5つの課題を段階的に実行する

課題その1:会社の一言紹介文を作る

4つの構成要素を使って一言紹介文を作る…198
一言紹介の効果的な使い方…199

課題その2:見込み客のを獲得する手段を作り、メールアドレスを集める
見込み客を獲得するために絶対欠かせない要所…208

課題その3:自動メール配信キャンペーンを用意する
価値ある内容のメールを定期的に送信する…215
自動メール配信キャンペーンの始めの一歩…217
お薦めできるソフトウェア…222

課題その4:変化の物語を集めて、見込み客に伝える
お客様の声を紹介する…224

課題その5:紹介される仕組みを作る
既存の固定客を特定する…227
顧客の口コミを広める理由を作る…228
謝礼を用意する…229
紹介の仕組みを自動化する…230

Afterword
最高の導き手のために…235 優れた物語の結末は、善良な人々が勝利すると決まっている

 

著者

●ドナルド・ミラー

『ニューヨークタイムズ』紙ベストセラーリスト作品の著書。

企業が効果的に情報を発信できるように導くストーリーブランド(Story Brand社)のCEOとして、3000社を超える企業の成長を支援してきた。

ポッドキャスト番組『Building StoryBrand』では共同司会を務める。

著書にベストセラーになった小説『Blue Like Jazz』A Million Miles in a Thousand Years』がある。

家族は妻のベッツィ、飼い犬のルーシーとジューン・カーター。テネシー州ナッシュビル在住

 

>>2019年4月現在、公式サイトの方がお買い得です!<<

「ストーリーブランド戦略」を購入する
※公式で購入した場合、気に入らなければ90日以内に連絡すると全額返金してもらえます(返品不要)

Amazonでの購入はこちらから

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す