「一生お客に困らない常連システムの作り方」読破!内容や感想、学んだことまとめ【ダイレクト出版】

この本をオススメできる人

  • 不安定な収益を少しでも安定させたい
  • 新規顧客を得るための費用がかかりすぎているのをなんとかしたい
  • リピーター客をもっと増やしたい
  • 客単価を上げたい

 
「一生お客に困らない常連システムの作り方」を購入する
※公式で購入し、読んでみた結果気に入らない場合は、90日以内に連絡すると全額返金してもらえます(返品不要)

Amazonでの購入はこちらから


 

 

1.「一生お客に困らない常連システムの作り方」内容、感想

「一生お客に困らない常連システムの作り方」は、常連を作り、紹介システムを構築し、安定してビジネスの売り上げを伸ばす方法について書かれた本です。

全251ページ。

今はまだ主軸が「ブロガー」である私にとって、正直少し使いにくい部分もありましたが、常連の作り方や紹介システムについて書かれている部分を「オンラインだったらどうする?」という転換をすることで、役立つエッセンスをいくつか得られたので個人的には満足です。

読んでみて、この本の重要な部分としては2つかなと感じました。

一つ目は、「今のお客さんをもっと大切にすること」

そして二つ目は、「紹介システムをつくること」です。

新しいお客さんを得るために時間やお金、エネルギーを投資するよりも、今いるお客さんにコストをかけ、もっと厚くもてなすことでより濃いファンになってもらうことを重視するいうポイントと共に、お客さんを維持するためのコツをこの本では学べます。

濃いファンになれば、もっとたくさんの商品サービスを継続して買ってもらえるようになります。

さらに嬉しいこととして、濃いファンは新しいお客さんを連れてきてくれやすくなるということです。

「熱心なファンこそが最高のセールスマン」ということばが本書に載っていましたが、確かにその通りだと思いましたね。

新しいお客さんを呼ぶための仕掛けを作るというのも大切ですが、手間も労力もかかるわりに、劇的な効果が得られにくいというのが正直なところ。

今いるお客さんを他に行かせないような仕組み作りと、より「ここのでなくちゃ!」と思ってもらえるような信頼関係を築くという重要性を本書から学ぶことができました。

紹介してもらえるような仕組みを作るために役立つ方法ももちろん書かれているので、自分の商品サービスを持ち、そちらのビジネスがメインになってきた場合はもっと生かせる部分が多い本だと感じました。

実店舗をもって経営されている人には特に役立つ本だと思うので、常連さん獲得と、新しいお客さんを呼び込むための紹介システムをつくりたいあなたはぜひ手に取ってみてください。

新しい気づきや学びが得られると思います。

 

2.「一生お客に困らない常連システムの作り方」で学んだこと、生かしたいこと

一生お客に困らない常連システムの作り方 内容

それでは、ここから本書を読んで、特に私が学んだことや生かしたい部分を3つアウトプットしていきます。

購入の参考になれば幸いです^^
 

お客さんと個人的なつながりを持つことで、顧客維持を図る

●買ってほしいときだけ連絡する「うっとうしいやつ」になっていないか?
→お客さんは「人」であり、「大事な存在」だと思われたい
→直接自分の商品とは関係なくても、お客さんが気に入ったり、癒されたり、楽しい気分になってもらえるようなメッセージを定期的に送ってみる

●お客さんとの「関心の共有」を意識する
→自分の日常や個人的な話題、特徴などを積極的に発信し、お客さんと分かち合うことで親近感を持ってくれる
→一度個人的なつながりを持ってもらえると、何かあったときに自分を選んでもらいやすくなる
→顧客維持につながる
 

今いるお客さんを大切にする

●びっくりするぐらいの特典やプレゼントを贈る
→個人的な親交を持つなど、信頼関係を築くことが大切
→人に話さずにはいられないようなサプライズプレゼントが時々あればなお効果が高い

●今のお客さんの維持のために、時間、お金、関心、意識、エネルギーの投資をする
→お客さんが「購入してから」がスタート
→満足感を保持するためのフォローアップが重要となる
→買った後、使い心地や使うときのコツなどをメールで送るなど
→頻繁に利用することで特典があったり、よりお得になる会員のランクが上がるなどの仕組みも有効
 

紹介してもらえる仕組みを作る

●面白くて感動的な話を発信する
→直接購入にはつながらなくても、お客さんの心を動かしたり、癒されたりするようなコンテンツを発信する
→お客さんが、話題として他の人に回してくれる

●紹介してもらいやすい仕組みを作る
→LINE@、QRコード、Facebook、名刺、紹介カードなど、人に紹介しやすい「何か」を作っておく
→紹介された人に、すぐに何らか(情報やお得感など)の利益がある場合に最も効果がある
→紹介してくれた人にも何らかのメリットや、価値ある目的(売り上げの一部は寄付しています、など)とつなげることで、紹介そのものを価値の高いものにする

●紹介されたすべての新しいお客さんに対して、ガッカリされないような「丁寧で熱心、かつ効果的なフォロー」も重要
→紹介してもらった常連のお客さんにも失礼のないように

 

3.「一生お客に困らない常連システムの作り方」目次、著者

目次

Introduction 不安定から抜け出す
大半の経営者がやりがちな過ちを犯すことなく、富を得る方法

Part1 紹介に必要な数字
CHAPTER1 群れに迎合しない
顧客「維持」にこそ投資せよ

CHAPTER2 計算の授業
顧客を維持し、利益を生み出し、顧客の価値を高めていくために

CHAPTER3 5%の解決策
小さな数字に秘められた大きな影響力

Part2 顧客損失を防ぐ
CHAPTER4 ルビコン川を渡る
あなたの客に熱心な信者になってもらうには

CHAPTER5 独自の強みを探す
鍵は、顧客を幸せにするサービスである

Part3 顧客を維持する

CHAPTER6 3段階で顧客を維持する
関心の共有+空間の共有+配慮の共有

CHAPTER7 顧客維持の真実
病気の魚は同じ水槽に入れてはいけない

Part4 人間関係を基盤に据える
CHAPTER8 レベルアップ
最良の顧客を維持するための最高のシステム

CHAPTER9 信頼関係を築く
「ああ、またアイツだ」と顧客に思われていないか

Part5 無限の連鎖によって成長する
CHAPTER10 無限の連鎖
あなたのことをみんなに紹介したくなるマーケティング・マシン

CHAPTER11 紹介プログラム
自動的に人材を紹介してもらい、推薦をもらうためのステップ

CHAPTER12 無限の連鎖の真実
紹介できない人はいない

Part6 イベントを紹介に使う
CHAPTER13 イベント・ビジネス
大きなイベントは、さらなる紹介につながる

CHAPTER14 当たり前の戦略
できる限りの紹介を得るための秘訣を求めて

CHAPTER15 ホームパーティー販売
あなたへの紹介を猛スピードで増やしていくための考え方

CHAPTER16 顧客の価値を高める
私情でさらなる力を手にするための7つの秘訣

CHAPTER17 終わりは始まり
ぼんやりしたり、ぐずぐずしている時間はない

 

著者

●ダン・ケネディ
戦略アドバイザーにして、コンサルタント、ビジネスコーチ、そして6種類ものビジネス・ニュースレターの編集者でもある。
毎年100万人を超える経営者たちの背中を力強く押している。また、長きにわたり起業家たちを百万長者や億万長者に導いてきた実績を有する。

新規事業を何度も立ち上げている連続起業家として、業種も規模も様々なビジネスを立ち上げ、買収し、業績を上げ、売却している。

●ショーン・バック
アイダホ州ボイシを拠点とする、世界最大のカスタム印刷によるニュースレター会社、ニュースレター・プロ社のCEO。世界中の多彩な業界のために、毎年何百万部ものニュースレターを印刷し、郵送している。

ショーンは14年前からシリアル・アントプレナーとして、多数のホットドッグスタンドから出版社に至るまで、多種多様なビジネスを所有してきた。
 

 
「一生お客に困らない常連システムの作り方」を購入する
※公式で購入し、読んでみた結果気に入らない場合は、90日以内に連絡すると全額返金してもらえます(返品不要)

Amazonでの購入はこちらから

 

 

LINE@ 始めました!

新着記事情報など通知しますので、「ビジネス書、自己啓発書」が好きなあなたはぜひ登録してみてくださいね^^

友だち追加

スポンサードリンク

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)