「無料」に釣られて大富豪の投資術(マーク・フォード著)を買って読んでみた@レビューと内容、学び、口コミまとめ

大富豪の投資術 無料 ダイレクト出版

この本をオススメできる人

  • お金持ち(億万長者)になりたいけどどうしたらいいのかわからない人
  • 本気でお金持ちになる覚悟と行動力がある人
  • 一攫千金ではなく、コツコツ堅実にお金持ちになる方法を知りたい人
  • リスクを最小限にした投資方法を学びたい人
  • バンカーコード戦略について知りたい人

 

今なら公式サイトで購入すると実質無料
5,000円 
⇒送料(640円)のみ!!

「大富豪の投資術」を今すぐチェックする

Amazonでの購入はこちらから

 

【大富豪の投資術】個人的な総合評価

読みやすさ :★ 
役立ち度  :★ 
実行しやすさ:

元々5,000円の高額本ですがキャンペーンで「無料」というキーワードに釣られたのと、内容が濃く実践的で個人的にかなり参考になった「大富豪の仕事術」の著者、マイケル・マスターソン(マーク・フォード)さんの本だったので購入してみました。

無料だと思いきや、送料640円必要だったのは「チェッ」と少し思ってしまいましたが、本が届いて納得。

全506ページの分厚い書籍です。この分厚さ、ニヤけますね…そりゃ送料もかかるわ。笑

現在、この著者は事業を成功させて大金持ちになっていますが、もともとは年収350万円の一般的な収入の従業員だったそうです。

年収350万ってすごく親近感が持てる数字なんですが、そこから本気出して2年で資産1億にするとかどれだけすごいねんって感じですよね。

さらに、彼がコンサルすることで多くの億万長者を生み出しているので、お金持ちになるための方法はもうマイケルさんの中で確立されているんです。

この「大富豪の投資術」には、そんなマイケルさんが確立した「億万長者になる方法、アイデア」がたくさん詰まっていました。

と言っても、この本に書かれてあることは正攻法です。王道です。そして、シンプルです。

でも、それが一番手堅くてリスクも最小限に抑える方法なんだなと学びました。

 

お金持ちになるためには、ある程度軌道に乗るまで一生懸命頑張る時期が必要ということですね。

「コツコツ、まじめに、一生懸命」です。

そして、シンプルではありますが、何か迷うことがあれば「どっちの方がよりお金持ちになるか」という基準で物事を判断するマインドも大切なんだと学ぶことができました。

投資の基本、お金持ちになるための姿勢も書かれているので、お金持ちになりたいあなたは一読の価値ありだと思います。

 

※追記
こんな中身の濃い本、無料なのは何か裏があると思いますよね?

ハイ、確かにこの本は後ろにある投資系商材やセミナー案件のために実質無料になっています。

購入するとほぼ毎日(汗)メールが届くようになりますが、必要なければ削除するなり、メルマガ購読ストップするなりすればOK。

大丈夫です。勝手に何か支払わされるようなことはありません^^

私も必要ないメルマガは即迷惑メール行きですし、後ろに控えている商品にはノータッチなので無問題。

同じ本を読むのにアマゾンや楽天、メルカリで数千円も払って購入するのはここだけの話、かなりもったいないです…

送料のみ640円でこの情報量、破格だと個人的には思いますよ。

 

読みやすさ

500ページ越えの分厚い本なんですが、文章が硬すぎないのでとても読みやすかったです。

アメリカナイズされすぎていたり、専門用語やカタカナの量が増えると読みにくいんですが、そういった読みにくさは感じませんでした。

途中、計算式などで専門用語は出てきますが、ちゃんと本文で説明されていたり、注釈が入っているので問題ありません。

興味深く面白かったのもあって負担なくサラリと読めました。ただ、章ごとのまとめや図表はなかったので☆-1で。

 

役立ち度

一通り読んでみて感じたのは、先ほどもお伝えした通り「王道」だなということ。一発逆転的な内容はほぼないです。

でも、大富豪の投資術に書かれてあるアイデアを律義に守って7年頑張れば確かに億万長者になれるように思います。

人によっては「当たり前」「知ってた」という部分も多いかもしれないので☆4つにしましたが、今お金持ちでないしお金持ちになる可能性が見えてこないのであれば、「知識はあるけど実行できていない」という裏付けになるかもしれません。

リタイヤまでにどれぐらいの資金が必要なのかを計算する方法や、実際どんな順序でお金持ちになるステップを踏んでいけばいいのかなど具体的に書かれている部分も多いので、個人的にはとても参考になりました。

お金持ちになるためのマインドも書かれていたので、「お金持ちになるためにはこういう思考でいた方が良いんだ」という気づきも多かったですね。

 

実行しやすさ

基本的な考え方ややることはシンプルなので取り組みやすいと思います。

ただ、どの程度実践するかは覚悟と行動力次第ではありますが、例えば支出を減らすところでもっと小さい家で物価も安いところに引っ越しする」といったアイデアもあったりして、パッと実践しにくいこともあるので☆-1ですね。

 

【追記】バンカーコード戦略とは?

※2018年5月8日追記
最近、「バンカーコード戦略」というキーワードで来てくださる方が急激に増えたので、バンカーコード戦略についてこの本から得た学びを冒頭に書かせていただきたいと思います。

 

バンカーコード戦略について簡単にいうと、「所有したい超一流優良企業の株などに、格安指値(ローボールオファー)を出すことで利益を得る」という戦略です。

 

金融業界では、「プットオプション」とも呼ばれているそうで、「バンカーコード戦略」と検索してもパッとするものは何も出てきませんが、「プットオプション」を調べれば結構な数が検索に引っかかりますね。

ただ、ポイントはプットオプションを「買う」のではなく、「売る」ということ。

 

「何でそれがリスクが低くて安全って言えるの?」とか、「バンカーコード戦略でどうやって稼ぐの?」とか、「実際、バンカーコード戦略でどんな株を買ってどれぐらいお金を得られたの?」といったことはP426~437を見ていただければと思います。

 

この「大富豪の投資術」では、約12ページにかけて「バンカーコード戦略~株式市場で98%の確率で儲けられる秘密の方法~」といった章が設けられています。

「オプショントレーダーとして知識や経験が少ないなら、下手に手を出すと痛い目見るよ~」なんてことも書かれていますが、この章を読むだけでも入門~基礎あたりまでなら学びがあるかもしれません。

オプション取引も、賢く利用すればギャンブルじゃなく安全な投資法なんですね~。

 

というか、株に関して全くド素人の私でも理解できるぐらいわかりやすい「大富豪の投資術」の本、スゴイ。

以上、追記でした。

 

今なら公式サイトで購入すると実質無料
5,000円 
⇒送料(640円)のみ!!

「大富豪の投資術」を今すぐチェックする

Amazonでの購入はこちらから

 
 

大富豪の投資術で学んだこと

大富豪の投資術 内容

結論から学んだことをざっくりお伝えするとですね・・・

 

リタイヤしたい年齢と現状の資産、入るお金などを計算して、あとどれぐらいのお金がどれぐらいの期間で必要かを算出する。

計算した結果、リタイヤしたい年齢と現状からかけ離れていたら、今の生活の支出をがっつり減らしつつ、副業や起業、もしくは働いている場合はそこですんごい価値ある従業員になることで給料をあげてもらうとかして収入を増やし、投資するお金を確保する。

あらゆる投資法、そして投資先も分散させてリスクを最小限にしながら堅実にお金を投資して増やす。

大富豪になるための投資の方法はこの3つです。とっても手堅い方法ですよね。

もう少し具体的にお伝えしていきます。

 

あなたにとっての「お金持ち」とは?実際どのぐらいのお金が必要なのか把握することが大切

「お金持ちになりたい人手を上げてー!」

って言ったら、おそらくほとんどの人が手を上げると思います。

でも、実際どれぐらいのお金があればお金持ちだといえるのか難しいところではないでしょうか。

私自身、アフィリエイトで月100万円を稼げればお金持ちなんじゃないかなと思っていましたが、この本を読んで少し考え方を改めようと感じました。(てか、アフィリエイトというビジネスっていつ稼いでるサイトが飛ぶかわかんないという不安定な要素が多いからですしね)

 

大富豪の投資術には、今の生活を送るのに実際必要なお金(LBR)から、仕事からリタイヤした後に望むライフスタイルで必要になる年間の金額(RLBR)を算出します。

そして、リタイヤ後に入ってくるお金(年金とか)を差し引いた後の、実際に必要になる金額(NRLBR)を算出します。

そして、重要なのがこの次です。

NRLBRの金額を、働かなくても投資から得られるようになるためにはどれぐらいの貯蓄額が必要なのかを計算します。

 

それが、あなたの「マジックナンバー」

「マジックナンバー」の金額は人それぞれなので、望む生活スタイルによって1億必要な人もいれば5,000万でも幸せに暮らせる人もいます。

つまり、この「マジックナンバー」を得られれば、お仕事をやめてもお金の不安なく快適に毎日を送れるというわけですね。

 

具体的な計算方法は本書を実際に読んでいただくとして、このマジックナンバーという「ゴール」が見えているか見えていないかで今後の目標設定がかなり明確になってくるんじゃないでしょうか。

本書では、この「マジックナンバー」から、さらに現状の貯蓄額、収入、そしてリタイヤしたい年齢から計算して毎年何%ずつお金を増やしていけば良いのかといった数字(RIR)まで出してしまいます。

出たRIRが10%未満であれば、この本に書かれている投資モデルを参考に分散して投資すればゴールは見えています。

ですが、もし10%をはるかに超えていた場合は・・・・

今のままでは、望む時期でのリタイヤはかなり難しいです。

そんなときは、以下を参考にしてください。

 

あなたは、ちゃんとお金を貯めていますか?

お金を貯める方法
もしあなたが働いているとすると、毎月まとまったお金が入ってくると思います。

そのお金、どのように使われているか自分でしっかり把握できていますか?

 

・・・ドキッとする人、いるんじゃないでしょうか。

お金持ちになるためには、お金の管理は必須です。収入が増えると、つい浮かれてほしいもの買ったりして支出も増えてしまいがちですよね。私も耳が痛い話ではありますが。

でも、入った分だけ使っていたらいつまで経ってもお金持ちにはなれません。当たり前ですけどね。

そこで、大富豪の投資術で勧められているのは、「収入を3つのバケツに振り分ける」という方法です。

P111
もちろんこれはたとえである。井戸はあなたの年収である。支出のバケツは、あなたが自分の望む生活の質を享受するのに支出しなければならないお金を表す。

貯蓄のバケツはあなたが絶対に失うわけにはいかないお金、そして投資のバケツはあなたの将来の富、あなたがリタイヤ後の生活を送る元手を表している。

ちなみに、支出のバケツには穴が開いています。そして、井戸の直後に支出のバケツはあります。

もし、先ほど書いた通りRIRが10%をぶっちぎりで越えているのだとすると、支出のバケツの穴をできるだけ小さくして、水の量(所得)を劇的に増やさないといけません。

水の量もそこそこで、さらに大穴の開いた支出のバケツを使ってたら、貯蓄と投資のバケツまで水がたどり着きませんからね。。。(仮に天引きで貯蓄に回せたとしても、どっちみち支出のバケツの穴は小さくしなきゃいけません)

ここでの学びとしては、「貯蓄」の他にも「投資」というバケツも作っておくということですね。

「貯蓄のためのお金」と「投資のためのお金」は似ているようで目的が全く違ってきます。

なので、一緒にするのはダメなんだそうです。私自身、ごっちゃにしていたので分けて考えようという学びになりました。

 

お金があればできることも増えて楽しくリッチな生活ができると思います。

ですが、実際のところ支出のバケツの大穴を小さくしても、幸せに楽しく暮らせる方法はいくらでもあります。ぜひ、それを見つけてみてください。

本当に幸せなことって、お金をかけなくても身近にあったりしますので。

 

大富豪の投資術には、支出の大穴をがっつり埋めるアイデアが載っていますので、参考になると思います。

実行するのには手間暇や勇気が必要なものがありますが、小さな一歩から始めましょう。

たとえば無意識な無駄遣いをなくすために、使ったお金を記録するという方法も勧められていました。

よく知られていることだとは思いますが、お金の管理は基本でもあり、必須かつ重要です。

今日からできることなので、家計簿的なものをつけていない人はまずは第一歩としてぜひやってみてくださいね。

 

あと、借金については人によって様々な考え方がありますが、この本は「借金はするな」「奨学金など金利が安い借金以外はとにもかくにもまず早く完済すべし」というタイプの教えでしたね。

 

今のままでは理想の生活には程遠い…そんな人は、収入を増やす必要があります

これも、当たり前っちゃ当たり前ですよね。

手堅く5~10%ぐらいの投資からのリターンで生活していくためには、元手が必要です。

例えば、年500万を5%の投資リターンで得るためには、元手が1億必要。

 

1億!?ないないないない・・・

 

そうですよね。ふつうに働いているだけだったら1億なんて大きいお金持っている人はごく少数だと思います。

ただ、理想の生活だったり、お金の心配がないリタイヤを望んでいるのだとしたら、1億とは言わないまでも少なくとも数千万の投資金が必要になってくるでしょう。

元手が大きくないとリターンも雀の涙になりますからね。

年に数十万円の投資金じゃ若くしてリタイヤ生活を送るなんて夢のまた夢です。

そのためには、とりあえず今以上のお金を稼ぐ必要がありますよね。(収入は十分あるから、あとは支出を減らすだけでOKという人もいるかもしれませんが・・・おそらく大部分は収入アップする必要があると思います)

方法としては2つしかありません。

P118
自分の持っている井戸から流れる水を増やすか、新しい井戸を掘るかだ。

今、もしどこかへお勤めであれば、スキルを高めてその会社には欠かせない存在になることで給料をもっともらえるように頑張ってみてください。

それが「今持っている井戸から流れる水を増やす」ということです。

「新しい井戸を掘る」というのは、今働いている仕事以外にも副収入を得られるようにするか、もっとお金が得られるように自分で起業してしまうということです。

 

  • 給料を上げてもらえるような素晴らしい従業員になる方法
  • そもそも、頑張ることでちゃんと給料に反映してくれる会社ってどんなところ?
  • 複数の収入の流れを確立する方法
  • 経済的自立へと至る4つのステップ
  • 起業における4種類のビジネスのそれぞれの特徴
  • 小規模ビジネスを発展させる16の提案
  • あなたの収入を上げる「経済的に価値のある」4つのスキル
  • 3年以内に一億円に到達できた会社の4つの有利な点

 

といったことも書かれているので、気になる項目があったあなたは要チェックです。

特に、「小規模ビジネスを発展させる16の提案」はとても具体的な内容なので、特に今小規模ビジネスをされいるのであれば今日からでも取り入れられるお役立ちアイデアになると思います。

 

ちなみに、実際のビジネス戦略なども書かれていますが、もしもっとビジネス戦略を深く学びたいのであれば、同著者の「大富豪の起業術」を読む方が学べると思いますね。

 

投資するなら分散投資で・・・!!

大富豪の投資術 内容
投資と聞いて私がパッと浮かんだのは「株」でしたが、そのほかにもたくさん投資できるところはあります。

債券、保険、不動産、賃貸不動産、アンティークコイン、仮想通貨、美術品、FX、貴金属・・・・・

大富豪の投資術に書かれてある理想の投資方法は「分散投資」です。基本といえば基本ですよね。

ただ、分散する数は2~3種類ではなく、もっとたくさんの種類の投資先です。

そして、それぞれの投資先の一つの案件にほんの数%ずつかけていくような感じにして、リスクを最小限にすることを勧めています。

そして、お金を減らすということを極力控えたいので、痛手は小さいうちに終わらせる・・・つまり、損切り上等という考え方です。

私は他にも投資や資産構築について学んでいたりしますが、そこでも「分散投資」は基本でした。同じことを言っているということは、それは真実なんですね。

ついアツい投資先にがっつりお金を投入したくなってしまいがちですが、冷静にいきましょう。だまされないようにしましょう。少額で、あらゆる投資先へ振り分けましょう。

 

その他、

  • リミテッドパートナーのススメ
  • 賃貸不動産投資に参入するメリットと三つの必要なもの
  • 賃貸不動産ビジネスに興味があるなら学ぶといいもの
  • 美術品への投資 具体的な流れと方法
  • 景気が後退しているときに蓄えを増やす方法
  • 絶対に手を出してはいけない5つの投資先
  • 実際の資産分配のモデルについて
  • ブローカーを格付けする三つの基準

 

なども学ぶことができます。

 

お金に不安なくリタイヤできるために目指すべき金額や、目標設定をするときに気を付けることなども書かれています。

基本的なことではありますが大切な学びが大富豪の投資術には書かれているので、お金持ちになりたいあなたはぜひ一読して気合いを入れていただければと思います。

 

今なら公式サイトで購入すると実質無料
5,000円 
⇒送料640円のみ!!

「大富豪の投資術」を今すぐチェックする

Amazonでの購入はこちらから

 

【大富豪の投資術】その他の口コミ

#大富豪の投資術 ボリューム満点で読み応えはバツグン。 でも、二次情報が多く、ジェームスの#寝ながら稼ぐ の方がバリエーションは豊富かな♨ ただ、美術品投資に関するくだりは、エッセンスの部分があらゆる投資に応用可能なので、その辺は参考になると思う。 というわけで、ジェームスの新刊と合わせてこそかな📚 #書評 #amazon #books #bookreviewer #bookinstagram #review #recomended #ビシネス書 #本 #名著 #おすすめ本 #金持ち父さん貧乏父さん #海外投資 #アーリーリタイア #投資 #読書 #大富豪 #📚 #マイケルマスターソン #不労所得 #株 #不動産

Tom Sekiguchiさん(@skgctmhr3150)がシェアした投稿 –

●財を生み出す、増やす、守るに特化した良本
私はあまりレビューを書かない方だが、これは面白かったので書こうと思った。

沢山稼げばそれだけで幸せだなどとは言っておらず、地味な節約もさほど効果がないと切り捨て、もっと大事なことにフォーカスすべきだと言及している点が好きだ。

また著者は億万長者だが庶民的感覚を持ち合わせているので、ダウンシフター的考えも学ぶことができる。

意外にも保守的な著者を見てあなたは驚くかもしれない。不要なリスクは取らなくてもいいのだと気付かされる。

収入だけにとどまらず、起業についてや、資産の保護、投資などにも言及しており本書は分厚く至れり尽くせりだ。

特に投資については執筆に実績ある会社が参加している為、非常に参考になる。

著者からときどき投げかけられる質問に真剣に考えてみよう。きっとなにか得られるはずだ。繰り返し読みたくなる良本だと思う。

 

●骨太の本
この本は、大富豪が書いた本です。お金持ちの振りをしたなんちゃってお金持ちが書いた薄っぺらい本ではありません。内容は、現実的で説得力があります。

ただ、分厚い本なので、読書好きには嬉しくてたまらないかと思いますが、読書嫌いな人には読む前から気持ちが萎えるかもしれません。

収入に関して、貯蓄に関して、投資に関して、正しいモノの考え方が書かれてあり、この本の内容をしっかり理解し、一歩ずつ行動に移していけば、誰もがきっとお金持ちになると思います。

私は、この本を読みながら、何度も震えました。この本に出会って良かったと、心の底から思っています。

 

●『大富豪の投資術』の感想
*この商品のオススメできる点
PART1、PART2はリタイヤメント後の資産・所得創出に有効。私は現在66歳ですが、52歳で最初の会社をリタイアしたときに、何年もかかってTRY&ERRORで悩み考えたマジックナンバー等の方法が、この本に書いてありました。

*オススメできない点(弱い点)
特にはありませんが、TARGETを50台に絞るとよいような気がします。

*他とは違う点
HOW TO本ではないこと。

*どんな用途に使えるか
LIFE PLANの作成に有効。

*どんな人に役立つか
50台会社員に特にすすめたい。

 

●不真面目な20代は絶対に読まないで
筆者マークの全てが詰まっている。
大学中、彼は自分で事業を起こし、その収入を学費に充てていた。そんなバイタリティーある彼の「投資術」。

「お金の管理」といった基礎的なことを始め、「不動産賃貸」や「美術品」などの具体的な投資話から「資産防衛」までを取り上げている。まるで「投資の辞書」。

一方、私は20代後半の会社員。その傍ら、一通りの投資を行ってきた。だからか、基礎的な内容が多く、つまらないところも多かった。

たとえば、導入での「株式で経済的自立は難しい」くだりは、既知の周知である。もう少し、ワンランク上の投資術でよかったと思う。

と、思える一方、やはり基礎が大事なんだと考えさせれた。何度も読み返すことで、「投資の本質」が見えてきた。

マークの言う「1万円の積み重ね」が億り人への道という内容は、とても深く刺さった。投資をかじったことのある人にとっても、共感を得られる人も多いのだと思う。

今出会えてホントに良かった。執筆者、商品の開発者に心より感謝します。ありがとうございました。

 

●投資といっても様々な視点がある
マーク・フォード氏(マイケル・マスターソン)の今までの経験を惜しみなく出している一冊だと思う。

この本は投資術というだけあって、お金にまつわる話が多く書かれている。

お金にまつわる話はなかなか勉強することができないが、マークは仕組みを教えてくれる。

ここまで具体的だと、あとは自分が一歩を踏み出して行動を起こすか起こさないかだけになる。それだけしっかり書かれている本であると感じる。

マークの失敗談なども書いてあるので、これはやめた方がいい、とか、こういうのはオススメだ、オススメでこのようにやるともっと良い、というのはとても参考になる。

ずっと執筆されている方だけあって、言い回しや表現がわかりやすい。いくつも方法が書いてあるので、その中から一つずつやりやすいものからやっていくといいかもしれない。

どのように資産を構築していくか、様々な方法を提案している。

日本とアメリカで法律や仕組みが違うこともあるかもしれないので、実際に日本でするときは、日本での法律や仕組みなどを確認してから取り組む必要はあると思う。

日本とアメリカで違うから使えない、ではなく、違うから新たな視点が生まれ、新しいアイデアが生まれやすくなるのではないか?と思う。

お金をどのように使えば良いのかを教えてくれる一冊となった。

 

 

【大富豪の投資術】目次、著者

目次

Foreword・・・ 人生を豊かに生きる
イントロダクション・・・一歩踏み出す

第1部
富の創造に関する事実と嘘
Chapter 1・・・何を信じるか
Chapter 2・・・富を築くカギ
Chapter 3・・・無一文から経済的自立へ
Chapter 4・・・年齢は言い訳にならない
Chapter 5・・・優雅なリタイヤ
Chapter 6・・・借金して裕福になる?
Chapter 7・・・七年で富を手にする
Chapter 8・・・所有のコスト
Chapter 9・・・お金の心配
Chapter 10・・・マジックナンバー
Chapter 11・・・ファイナンス診断
Chapter 12・・・最終「計算」

第2部
金のバケツの秘密
Chapter 13・・・お金の管理
Chapter 14・・・金のバケツの秘密
Chapter 15・・・資産を守る
Chapter 16・・・少しずつリッチになる
Chapter 17・・・最優先目標を設定する
Chapter 18・・・本気で富を増やす
Chapter 19・・・自分から「盗む」
Chapter 20・・・並外れた昇給
Chapter 21・・・魅了する
Chapter 22・・・達人の道
Chapter 23・・・副収入の流れ作り
Chapter 24・・・経済的自立
Chapter 25・・・お金と幸せ

第3部
ウォール街に頼らない、収入を着実に増加させる戦略
Chapter 26・・・お金に対する考え方
Chapter 27・・・臆病な起業家
Chapter 28・・・最後の一押し
Chapter 29・・・四つのカテゴリー
Chapter 30・・・ビジネスアイデア
Chapter 31・・・小規模のビジネスの成長戦略
Chapter 32・・・ビジネスの成長を加速する
Chapter 33・・・利益の創出
Chapter 34・・・事業オーナーになる
Chapter 35・・・手出しせずに関与する
Chapter 36・・・家賃収入を得る
Chapter 37・・・不動産ポートフォリオ
Chapter 38・・・賃貸不動産ビジネスの青写真
Chapter 39・・・美術品への投資
Chapter 40・・・作品に恋をする
Chapter 41・・・何を買うか

第4部
賢い投資方法 
Chapter 42・・・投資は難しい!?
Chapter 43・・・投資ミスが起きる理由
Chapter 44・・・恐怖と友達になる
Chapter 45・・・現実的な目標
Chapter 46・・・ブラック・スワン
Chapter 47・・・脳が成功を妨げる
Chapter 48・・・専門家のアドバイス
Chapter 49・・・安全の三脚椅子
Chapter 50・・・資産の多様化
Chapter 51・・・資産配分のモデル
Chapter 52・・・金保有の必要性
Chapter 53・・・長期的な富を獲得
Chapter 54・・・老後の資金
Chapter 55・・・バンカーコード戦略

第5部
資産の防衛 
Chapter 56・・・ブローカーに注意する
Chapter 57・・・証券口座の安全性
Chapter 58・・・ブローカーへの盲信
Chapter 59・・・個人情報の防衛
Chapter 60・・・リタイヤ生活二つの問題
Chapter 61・・・ダウンサイジング
Chapter 62・・・充実したリタイヤ生活
Chapter 63・・・最後の武器

 

著者

●マイケル・マスターソン(マーク・フォード)
マイケル・マスターソン年商100億円以上の会社を2社、50億円以上の会社が2社、10億円以上の会社を10社以上保有、ダイレクト・レスポンス・マーケティングの世界で屈指の実積を誇るスーパー起業家。

その事業構築手腕は多くの起業家、マーケッターから高く評価され、推薦文等を書くことがないジェイ・エイブラハムが本書に序文を寄稿するほど。

45万人の会員を誇るメールマガジン「Early to Rise」の発行人でもある。

 

 

今なら公式サイトで購入すると実質無料
5,000円 
⇒送料640円のみ!!

「大富豪の投資術」を今すぐチェックする

Amazonでの購入はこちらから

 

 

お問い合わせ

スポンサードリンク

5 Responses to “「無料」に釣られて大富豪の投資術(マーク・フォード著)を買って読んでみた@レビューと内容、学び、口コミまとめ”

  1. […] ちなみに、マイケル・マスターソンさんは他にも「大富豪の仕事術」や「大富豪の投資術」、「大富豪の起業術」といった本があります。これも学び深い本なので、良ければこちらもどうぞ^^ […]

  2. […] あと、もし「お金持ちになりたい」「お金の投資方法を学びたい」といった場合は、同著者の「大富豪の投資術」も読みやすくておすすめなので、そちらもぜひ読んでみてくださいね。 […]

  3. […] 濃厚な内容なので、ほかの本に比べるとやはり分厚いです。4刷目の現在、あとがきや参考文献も含めると、495ページもあります。上下巻のバージョンもあるほど、分厚いです。同著者が書いた「大富豪の投資術」ほどまではいきませんが、なかなかこの厚みのビジネス書はレアなんじゃないでしょうか。 […]

コメントを残す